トップ  > KYOUKOU(強度行動障がい勉強会)のお知らせ  > H31.1.28(月)KYOUKOU(強度行動障がい勉強会)第21回

サンクスシェアは、福祉サービスに携わるスタッフ育成を担う研修機関「一般社団法人九州発達障がい支援協会」(H30.5設立)と連携し、H31年度から本格始動に向けて準備を進めています。放課後等デイサービスのスタッフ研修を始め、各種研修や、協会独自の資格取得制度の提供など人財育成事業を充実していきます。

H31.1.28(月)KYOUKOU(強度行動障がい勉強会)第21回

「ひとりで学ぶよりふたりで学ぶほうが楽しくてためになる」
・これるときに ・これるひとが ・これるひとと 強度行動障がいについて学びます。
『自らが考え』『自らが実践する』ことを目標に、互いのもつ疑問や考え、情報などを交流しあいます。
この勉強会に参加することにより、あなたの日常生活における人間関係づくりの考え方が変わります!

       ― 記 ―

KYOUKOU(強度行動障がい勉強会)第21回の計画

1 日時 平成31年1月28日(月) 19時~20時半ごろ(90分)+ 食事会による情報交換

2 場所 あいれふ福岡9F(健康づくりサポートセンター研修室A)福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号
      あいれふ地下に駐車場があります。(料金は30分100円です。あいれふ利用割引はありません。)

3 内容 「音楽療法と強度行動障がい支援」

 ① 19:00~20:30
概要  ・まずはプチ体験(サポートスタッフの耳から当事者の耳になってみる)
・非言語の中での音楽の使い方と考え方(何が起こるのか)
・長男が生まれてからの音楽療法(セッションと学びと葛藤と)
・何か質問ありませんか?
話題提供:北古賀昌子(きたこがひさこ)さん
音楽療法の知名度がほとんどない時代から「九州臨床音楽療法学会(現・日本臨床音楽療法学会)」に所属し、学会発表、スーパーバイザーから指導を受けるなどしつつ、音楽を通してハンディのある子ども達と関わってきました。日本臨床心理研究所(山梨県)にて、精神科医の松井紀和教授のもと、数日間事務所に寝泊まりしながらどっぷり現場で学んだことが、今でもセッションのベースになっています。その後結婚、期せずして最重度の自閉症である長男が生まれたことで、それまでのセッションや考え方も変わりました。現在、旦那と自閉症の長男、大学生の次男の理系男子どもに囲まれて、その中を文系思考で臆せず突っ走っております。(北古賀さん自己紹介)

 前回第20回からこの勉強会とつながってくださった北古賀さん。強度行動障がいがある息子さんのお母様でもあり、主に音楽療法セッションを提供する放課後等デイサービスの支援者でもあります。「音楽療法」とはなにか?について「知る」・「考える」今回の学びは、強度行動障がい支援を根本から見つめ直す大きな機会となると思います。
 音楽療法と強度行動障がい支援をコラボした今回の勉強会は、おそらくこれまでに例を見ない貴重な機会です。月末の月曜日ではありますが、万障お繰り合わせの上、ぜひこの機会をお見逃しなく(^^)/
※ 今回の勉強会は、内容と会場の都合により30名くらいを定員としま~す!意思表示をお早めに~(*^-^*)

② 20:30~22時ごろ
  近くのお店に移動して食事会(おそらくあいれふ福岡隣のウエスト)
  これがまた大きな学びとなるはずです!お時間の都合がつく限りぜひご参加ください。

4 費用 勉強会参加は無料です!
  ※食事会参加は、各自のご負担となります。

5 参加申し込み
  Facebookでの参加意思表示、もしくは、お電話にて申し込みください。(090-8624-8882田中)
 

KYOUKOU(強度行動障がい勉強会)これまでの内容一覧(H28.5.30~H30.11.21)

【第1回】「強度行動障がい児者支援について思うこと」についての意見交流
ゲストのお話 中本由美子さん 有限会社大智會小郡市
【第2回】 「強度行動障がい者の余暇時間支援について」ディスカッション
【第3回】 「強度行動障がい者の事例検討」ワークセッション
【第4回】 「氷山モデル」を中心とした行動の見方などについてのレクチャー(か~む春田さん)
【第5回】 「行動障がいの考え方(その2)」ワークセッション
「氷山モデル」についてグループワークを通して理解を深める
【第6回】 「行動障がいの考え方(その3支援立案編)」ワークセッション
【第7回】 アンケートの集約結果から今後の勉強会の方向性について(協議)
【第8回】 かーむ利用者事例検討会
【第9回】 か~む(強度行動障がい者が入居するグループホーム)見学
【第10回】 「強度行動障がい者の事例検討(具体的な支援の方針編)」ワークセッション
【第11回】 座学「強度行動障がい者の行動の意味を考える」
障がい者行動支援センターか~む 所長 森口 哲也さん
【第12回】 として強度行動障害児者支援についてうこと」
KYOUKOUメンバ 平田さん
【第13回】 事例検討「食事時の支援について考える」唐津学園 吉田さん
【第14回】 「放課後等デイサービスセミナーの報告」「今後のKYOUKOUの方向性について」

【第15回】 移転して新しくなったか~むの施設見学
【第16回】 「支援と虐待の線引きをどう考える?」をテーマにした意見交流会
 スーパーバイズ 障がい者基幹相談支援課 障がい者虐待防止センター 所長 松野 浩二さん
【第17回】 「つながること 生きること」 お話:有限会社 大智會 中本 由美子さん
【第18回】 「からつ学園見学及び強度行動障がい者支援に関わる情報交流」
【第19回】 「行動障がい在宅支援事例」 サンクスシェア 松本 浩治さん
【第20回】 やす君(仮名)との1年半の関りの中で得た 驚き、気付き、失敗など
       訪問ケアあおぞら 松尾 淳史さん

これまでの報告詳細は、こちら ☞ https://www.thanksshare.jp/genre/9405/1.html
 
 
福岡市東区で障がい福祉サービスに携わる人を育てる会社
 合同会社サンクスシェア 2016年4月4日 創立

合同会社サンクスシェア

〒 812-0054

福岡市東区馬出2丁目35番9-101号

TEL:092-231-9253

FAX:092-303-8882

サンクスシェアとの連絡ツール

(Powered by smappon)


すまっぽん作成を無料お試し!

ホームページ作成を無料お試し!